米国レキシントン市との姉妹都市交流

四半世紀以上にわたり繋がれた絆

日本一の馬産地である新ひだか町は、同じく世界を代表する馬産地であるアメリカ合衆国ケンタッキー州レキシントン市と昭和63年7月に姉妹都市協定を締結し、以後、両市町の中高生による相互交流事業を継続的に行っています。

交流開始からこれまで、両市町合わせて大人で約150名、子供で約600名の住民が相互交流に参加しており、その絆を深めているところです。

【レキシントン市から新ひだか町への派遣】 ※毎年7月に実施

 

【新ひだか町からレキシントン市への派遣】 ※毎年7月に実施