新ひだか三大祭り~人の想いがまちに活気を呼びこむ。

新ひだか三大祭り

豊かな自然にあふれた新ひだか町では、自然と人が生み出すエネルギーは、とても大きなもの。そのエネルギーが祭りの原動力になるから、新ひだかの祭りは熱く楽しいのかもしれません。
見事な桜に人が集う春と、北国の短い夏を謳歌する熱狂。春から夏にかけて行われる3つの祭りは、いつしか「新ひだか三大祭り」と呼ばれるようになりました。

日本一の桜並木に、心おどる春。「しずない桜まつり」

桜の名所・二十間道路

新ひだか町の春を淡く彩る桜。桜の名所・二十間道路での「しずない桜まつり」は、50年以上に渡って行われています。
しずない桜まつりの会場は、新ひだか町の「二十間道路」。幅36m、延長8kmにも及ぶ雄大な道路です。明治36(1903)年に作られたこの道路が立派な理由は、かつての御料牧場を皇族が視察される際に使う「行啓道路」だったため。道幅の36mは昔の単位でいえば二十間にあたることから、後に二十間道路と呼ばれるようになりました。
桜は大正時代に道路両脇に植栽。二十間道路のうち7kmもの直線を約3,000本の桜が咲き誇るさまは「日本一の桜並木」と称され、今では新ひだか町のみならず全国にも知られる桜の名所として親しまれています。

しずない桜まつりは、毎年5月上旬から中旬に開催。お花見を満喫できるほか、桜にちなんだお土産や、新ひだか町の春の味覚が味わえるお店も多数出店。二十間道路は全国から20万人に迫る観光客が訪れますで。まつり期間中には皇族の貴賓舎として使われていた「龍雲閣」(明治42(1909)年竣工)も特別公開。今では見られない建築様式や豪華な調度品は必見で、桜同様、こちらも価値ある新ひだか町の財産です。

しずない桜まつり

しずない桜まつり
開催期間/5月上旬~中旬
会場/二十間道路桜並木(新ひだか町静内田原)[ Google Map ]
問合せ/新ひだか町役場商工労働観光課 TEL.0146-43-2111
新ひだか観光協会 TEL.0146-42-1000
※周辺の牧場の軽種馬や牛への悪影響を避けるため、ペット連れの来場はご遠慮願います

 


踊り・太鼓・花火が夏を告げる「新ひだか夏まつり」

新ひだか夏まつり

新ひだか町に夏の到来を告げる「新ひだか夏まつり」。阿波踊りの熱狂と和太鼓の興奮がまちを包み、北国の短い夏を熱く演出します。
新ひだか夏まつりは、7月に2日間行われるさまざまな催しから、8月に静内地区と三石地区でそれぞれ行われる花火大会までの総称です。1日目の前夜祭と2日目の本祭で行われる阿波踊りは、新ひだかを開拓した淡路島の人たちの伝統。各町内サークルが日頃から保存・普及活動に務め、新ひだかの新たな伝統行事として根付きました。
もう一つの目玉イベントが「和太鼓フェスティバル」。町の新たな伝統作りに取り組む「染退(シベチャリ)太鼓」をはじめ、各地の団体が迫力ある演奏を披露。太鼓のお腹に響く音が、夏のお祭り気分をいっそう盛り上げてくれます。ほか、ビアガーデンや「静内小唄」のステージなども行われ、まちは夏を楽しむ熱気に包まれます。
8月には、13日に静内地区で「静内川花火大会」が、15日には三石地区で「三石漁港花火大会」が開催。花火の迫力と美しさをもって、新ひだかの短い夏は終わりを告げます。

新ひだか夏まつり

新ひだか夏まつり
開催/7月下旬
会場/新ひだか町静内市街地(御幸通り)

静内川花火大会
開催/8月13日
会場/静内川右岸緑地公園(新ひだか町静内こうせい町2丁目8)[ Google Map ]

三石漁港火大会
開催/8月15日
会場/三石漁港(新ひだか町三石港町)[ Google Map ]

問合せ/新ひだか町役場商工労働観光課 TEL.0146-43-2111
新ひだか観光協会 TEL.0146-42-1000

 


神秘の山に想いをはせる「みついし蓬莱山まつり」

みついし蓬莱山まつり

三石川を挟んで両側にそびえる2つの岩山。雄蓬莱と雌蓬莱と名づけられた「蓬莱山」(ほうらいさん)は、古くから旧三石町のシンボルでした。
その昔、川の両岸に住んでいた男女。親に結婚を反対され、駆け落ちするため家を出て川沿いを下るものの、次第に広くなる川幅が2人の間を引き裂きます。そうして一緒になれないまま両岸で見つめあう2人が、やがて2つの蓬莱山になったという、アイヌの悲恋物語があります。蓬莱山は神秘的な伝説を秘めた、アイヌの聖地といわれる山なのです。

「みついし蓬莱山まつり」ではそんな2人の心をつなぐため、雄蓬莱と雌蓬莱が「あるもの」で固く結ばれます。それが、長さ130m、重さ約3トンという巨大な「しめ縄」。蓬莱山を結びつけるしめ縄がますます伝説の神秘性を増し、周囲の豊かな自然と相まって、会場には一種独特な空気が漂います。
とはいえまつり自体は、「みついし和牛」の販売やバーベキューなど、三石の特産品が楽しめたり、火曜ショーや染退太鼓、よさこいソーランで盛り上がる、とても陽気な雰囲気。7月初旬、日高の初夏の爽やかな風の中で、のんびりと過ごせるまつりです。

みついし蓬莱山まつり

 


 

みついし蓬莱山まつり
開催/7月第1日曜
会場/蓬莱山公園(新ひだか町三石東蓬莱)[ Google Map ]
問合せ/新ひだか町役場商工労働観光課 TEL.0146-43-2111

 

関連記事

 
静内温泉~美肌の湯でポカポカに!....

北海道を旅するとき、つい期待してしまうのが温泉ですが、もちろん新ひだか町にも温泉 …

 
みついし昆布温泉 蔵三
みついし昆布温泉「蔵三」~ゆったりした日高の時間があります。....

環境、お湯、料理。すべてが上質な日高路の宿 太平洋がすぐそこに見える露天風呂が自 …

 
新ひだか三大祭り
新ひだか三大祭り~人の想いがまちに活気を呼びこむ。....

豊かな自然にあふれた新ひだか町では、自然と人が生み出すエネルギーは、とても大きな …