三石海浜公園~キャンプ・磯遊びなど、色々な楽しみがある夏の海。

三石海浜公園

新ひだかの夏を遊びつくそう!

雄大な太平洋に面した日高地方ですが、意外にも、海水浴ができる海岸はあまりありません。そんな日高で、「三石海浜公園」は気軽にマリンレジャーやキャンプが楽しめる貴重な場所。「道の駅みついし」の裏手の海が海浜公園になっており、道の駅と「みついし昆布温泉 蔵三」の両施設が利用できるのもうれしいポイントです。
http://www.shinhidaka-hokkaido.jp/hotnews/detail/00000025.html

静かな海で、家族でのんびり海水浴を楽しむ

三石海浜公園の海水浴場

波の低い遠浅の浜である三石海浜公園の海水浴場は、防波堤に囲まれた、いわば「海のプール」。静かできれいな海として知られ、小さなお子さま連れでも安心。波打ち際でのんびりと海水浴を楽しむのに最適なビーチです(平成29(2017)年から遊泳不可になりました)。道の駅を海の家のように便利に使えるので、新ひだかの夏の一日を快適に過ごすことができます。
海水浴をせず散歩や磯遊びをしたいときは、海水浴場隣の「みついしふれあいビーチ」がおすすめ。こちらは整備された散策路があり、デイキャンプも楽しめます。

海と温泉のある、快適キャンプ

三石海浜公園オートキャンプ場

日帰りの海水浴もいいですが、もっとゆったり新ひだかの海で遊ぶなら、キャンプはいかが?ビーチのすぐそばには「三石海浜公園オートキャンプ場」があり、充実した施設でキャンプを楽しむことができます。
広い敷地はキャンピングカーサイトやオートサイト、フリーサイトなどに区画されているほか、バンガローもあります。道の駅がキャンプ場のセンターハウスを兼ねており、日高産のおいしい食材も手に入るので、自炊やバーベキューのときには特に便利。シャワーやコインランドリーもあり、便利さを実感しながら海を満喫してください。
「蔵三」の露天風呂に浸かり、太平洋に沈む夕日を眺めながらのバーベキューや、夜は静かな波音をバックに星空を眺めて過ごす、充実した休日をどうぞ。

(左)キャンプサイトでのテントのほか、かわいいバンガローも利用可能。寝袋のレンタルもあるので、最小限の荷物でらくらくキャンプが楽しめます。(右)道の駅に隣接する「みついし昆布温泉 蔵三」の施設も、もちろん利用可能。海水浴やキャンプの疲れを温泉で癒すことができます。
(左)キャンプサイトでのテントのほか、かわいいバンガローも利用可能。寝袋のレンタルもあるので、最小限の荷物でらくらくキャンプが楽しめます。(右)道の駅に隣接する「みついし昆布温泉 蔵三」の施設も、もちろん利用可能。海水浴やキャンプの疲れを温泉で癒すことができます。

 


 

三石海浜公園

新ひだか町三石鳧舞161-2
開設期間/オートキャンプ場 4月下旬~9月30日、海水浴場 7月20日~8月20日
料金/海水浴場無料
オートキャンプ場 オートサイト1サイト1泊5,240円、バンガロー4人用・身障者用13,160円、8人用19,640円(キャンプは要予約)
問合せ・予約/三石海浜公園センターハウス TEL.0146-32-2333

 

みついしふれあいビーチ

新ひだか町三石鳧舞132-2
開設期間/4月下旬~9月30日
料金/デイキャンプ1サイト1,020円、キャンプ1サイト1泊2,570円(デイキャンプ、キャンプは要予約)
問合せ・予約/TEL.0146-34-2588

関連記事

 
静内温泉~美肌の湯でポカポカに!....

北海道を旅するとき、つい期待してしまうのが温泉ですが、もちろん新ひだか町にも温泉 …

 
みついし昆布温泉 蔵三
みついし昆布温泉「蔵三」~ゆったりした日高の時間があります。....

環境、お湯、料理。すべてが上質な日高路の宿 太平洋がすぐそこに見える露天風呂が自 …

 
新ひだか三大祭り
新ひだか三大祭り~人の想いがまちに活気を呼びこむ。....

豊かな自然にあふれた新ひだか町では、自然と人が生み出すエネルギーは、とても大きな …