メイショウダッサイ号、中山グランドジャンプ(J・G1)制覇!

4月17日㈯に中山競馬場で開催された『第23回中山グランドジャンプ』(障害4歳以上オープン・J・GⅠ・芝・外4250m)で、グランド牧場(新ひだか町静内古川町)生産馬メイショウダッサイ号が制覇!
昨年末の中山大障害(J・GⅠ)に続きGⅠ2勝目を達成し、新王者に輝きました。

関係者の皆様、おめでとうございます!!!

<グランド牧場様他、関係者の皆さまの万歳写真>

「障害レースはいつもハラハラしながら応援してますが、本当に上手になりましたね。2005年天皇賞(春)を制した当場の生産馬スズカマンボ産駒の中でも、小さい頃からとても良い馬でした。これからまた強い馬が出てくると思いますが、若いのに負けず年度代表馬に向けて、頑張ってくれたら嬉しいですね。」と、伊藤佳幸会長。

優勝のお祝いに駆けつけた大野克之町長は「レースは安心して観ていました。楽に走っているようにも見えました。6連覇を狙う強敵オジュウチョウサンがいて決して楽なレースではなかったと思いますが、新王者としての強さを見せてくれました。障害のGIレースは年に2回しかないですが、故障することなくこれからも元気に走り続けてほしいです。」と優勝を讃えていました。

5歳より障害レースへと転向し確実に力を付け、2020年JRA最優秀障害馬を受賞――。
名実ともに世代交代を果たした新王者の挑戦はこれからも続きます。