北海道静内農業高校 馬コースからのお便り (2018.11.21)

こんにちは、静内農業高校 馬活用研究班です。私たちは、新ひだか町の馬産業の未来を担う子どもたちに、馬について知ってもらうための活動をしています。今年度、小学校の授業でも「馬」を学ぶ機会を取り入れてもらいました。高静小学校4年生と静内小学校3年生を対象に、「馬の授業」をおこなった様子を紹介します!

11月2日(金)に実施した、高静小学校での「馬の出前授業」の様子です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業ではスライドを使い、馬はどのくらいの速さで走ることができるのか、馬の好きな食べ物、生まれてくるときの体重など、馬がどのような生き物なのかをクイズ形式で出題しました。

 

 

 

 

 

 

また、新ひだか町の馬産業に興味を持ってもらうため、学校で私たちが育成している当歳馬、一歳馬の映像も使って、サラブレッドの誕生から競馬デビューまでの流れを学習してもらいました。

準備をしているときは子供たちがどんな反応をしてくれるのかとても不安でしたが、私たちが考えたクイズに元気に答えてくれたり、疑問に思ったことを素直に質問してくれたりしてとても嬉しかったです。

馬を通して小学生と交流することもでき、充実した時間を過ごすことができました。

続いて11月9日(金)に実施した静内小学校の「馬学習」の様子です。

本校に小学生を招いての授業では、馬事資料館でスライドを使ったクイズをしたり、動画を見たりしました。クイズは大人気で、とても短い馬の睡眠時間にみんな驚きの声をあげていました。馬事資料館内の見学では、展示物を興味津々に見たり、分からないところをたくさん質問してくれたりしました。私たちも事前に予習をしていたので、分かりやすく教えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

次に、馬のいる厩舎に行き馬の手入れを見学しました。手入れ道具を手に取って見てもらったときには、「ブラシの毛がけっこう硬い!馬は痛くないの?」などの声があがっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に馬にニンジンをあげる体験をおこない、最初は怖がっていた子もいましたが、2回目には「あげたい!」という声がたくさん聞こえてきました。

「馬に興味を持った!」という声が小学生から直接聞くことができ、とても嬉しかったです。

 

関連記事

 
北海道静内農業高校 馬コースからのお便り (2018.12.....

12月7日(金)  桜丘小学校の「馬学習」を行いました!! こんにちは。静内農業 …

 
北海道静内農業高校 馬コースからのお便り (2018.11.....

こんにちは、静内農業高校 馬活用研究班です。私たちは、新ひだか町の馬産業の未来を …

 
北海道静内農業高校 馬コースの活動報告 始まります!....

サラブレッドの生産頭数全国一のまち、新ひだか町には、国内で唯一、競走馬の生産につ …